ヒアルロン酸注入による豊胸手術について

ヒアルロン酸注入による豊胸手術について

豊胸手術にヒアルロン酸を注入する方法が、バストを大きくしたいという人の関心を集めています。ヒアルロン酸注入による豊胸手術の利点は、体へのダメージが少ないことです。

ヒアルロン酸は、人体に存在しているものと同じ物質ですので、拒否反応などが起きたりはしません。そのため、ヒアルロン酸を体の中に入れても、何らかの問題が起きることはありません。施術にかかる時間が短いことも、ヒアルロン酸注入による豊胸手術のいいところです。ヒアルロン酸注入は15分ほどで済み、前後の時間を入れても一時間くらいです。

シリコンバックを入れる豊胸手術では、脇の下を切開しなければならないのですが、ヒアルロン酸の注入手術の場合は、注射をするだけで手術ができます。注射器のみでできる手術方法ですので、体へのダメージを緩和できるという利点があります。

メス不要で、体への負担が少ないために、入院の必要なく、日帰りで施術ができます。施術を行った直後はしばらく痛みや腫れが残りますが、それでも数日が経過すれば元通りになるものです。

クリニックによっては、希望者には痛み止めの薬を出すことで、ヒアルロン酸での豊胸手術の痛み対策をしています。ヒアルロン酸を注入して豊胸を行うと、妊娠や授乳に問題が生じるかもしれないと危惧する人もいますが、筋肉と乳腺には当たらないようにするので安心です。

どんな胸の形にしたいか、カウンセリングで希望を聞きながら、ヒアルロン酸を注入するポイントや、分量を、決めることができます。ヒアルロン酸の豊胸手術をした後にすべきことはなく、以後、レントゲン写真を撮ったとしても、痕跡は残っていません。

多くの利点が、ヒアルロン酸注入での豊胸手術にはあるといえるでしょう。

 

サイトマップ